FC2ブログ

となりのあすら

人の痛みは「心霊現象」である。整体という仕事を始めてから起こった様々な心霊現象を書いていきます。

9.荼枳尼天(2)

妻のまやみが商売繁盛をお願いしてきたお稲荷さんは神社ではなく仏閣で、荼枳尼天と書かれてあった。

荼枳尼天ってなんぞや?調べてみると、いろいろ分かった。

荼枳尼天とは、仏教の発祥であるインドでは「ダーキニー」と呼ばれた羅刹であった。アスラ軍を滅ぼした鬼女カーリーの侍女で、人の心臓を食べていた鬼女である。

その鬼女ダーキニーが、大日如来に「お前、人の心臓ばかり喰ってんじゃねーぞ」と咎められ、「それじゃ私は魔力を使えません。」と嘆願したら、大日如来が、「それなら、お前に人の死期を半年前に分かる力をやろう。死んだ人間の心臓なら食べてよい。」と言われ、死んだ死体の心臓を食ることで仏教に入った女天だ。

(死んだ人間の心臓を喰ってるやつが仏閣の仏なのか??)

なかなか痺れる話だ。そのダーキニーはジャッカルと共に居た。(ダーキニーが死人の心臓を喰って、ジャッカルが残りを喰うらしい。類は友を呼ぶ、ということか。)そのジャッカルと共に居るダーキニーが、中国に仏教が伝わったとき、中国にはジャッカルなぞと言うものが居なかった。

中国人は考えた。「狐でいんじゃね?」と。

それで狐に乗って、しかも美しい女天の姿に変わり、空海によって密教と共に日本に伝えられた。

しかし、チベット仏教に出てくるダーキニーの像は、頸に髑髏を繋ぎ合わせた首飾りをぶら下げ、眼を見開いて裸で踊るその姿は、はっきり言って「コワイ」の三文字しか出てこない。

その荼枳尼天を日本に勧請したのは、先に書いた通り、空海である。密教を持ち帰った空海に、時の公家たちが 「もっと願いを叶える強い効力をもった仏はおらぬでおじゃるか?」 と問われ、「それならば強力な仏を勧請致しましょう。」 と、荼枳尼天を日本に勧請し広めたそうだ。

(だから、真言宗である新勝寺にあったのか。)

ただ、死人の心臓を喰らって魔力を使う荼枳尼天(ダーキニー)に願い事を叶えてもらうっていかがなことですか?と思う。おまけに稲荷狐はもともと死肉を喰らうジャッカルだし‥‥

《続きます》






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する